MENU

2タイプそれぞれに含まれる成分を分析してみよう

ハニーココの効果は、それに含まれる成分によって変わります。特にこれは2タイプに分かれているので、どちらが自分にとって良いのかは、含まれている成分で見分けましょう。ここでは、タイプ別に主な成分の紹介をしていきます。

 

ハニーココWに含まれる成分

ハニーココWの効果ですが、バストアップの他に、肌トラブルを解決し、美肌になるということが挙げられます。これら二つの効果を得たいならばハニーココWを選びましょう。

 

ハニーココWには、バストアップに効果がある「即吸収型プエラリア・ミリフィカ」が配合されています。これは女性ホルモンに似た効果を持っており、そのためバストアップだけでなく、美肌効果や更年期障害の緩和にも効果があります。これは多くのバストアップサプリに含まれていますが、その配合量には差があります。

 

他には、「大豆イソフラボン」が含まれています。名前は聞いたことがあるという方も多いのではないでしょうか。これも実は女性ホルモンに似た働きがあり、プエラリアとの相乗効果が期待されます。肌の老化を防いでくれたり、生活習慣病にかかりにくくしてくれたりと有能な成分です。

 

「ビオチン」は、もともと私たちが腸内で生成しているビタミンです。女性では便秘で悩む人が多いですが、それはビオチンの生成が上手く行っていないことが原因と言われています。この成分は肌と髪の元になるタンパク質を作っているので、丈夫な肌、髪を提供してくれます。脱毛しにくい髪になり、ニキビなどの肌トラブルにも効果が期待できます。肌の修復作用があるため、乾燥肌の方やシミを治したいという方にオススメですね。

 

ハニーココDに含まれる成分

ハニーココDは、バストアップに加え、ダイエットもしたいという方にオススメです。よく、ダイエットしたら胸までしぼんでしまったという残念な結果を耳にしますが、絞るところは絞って、女性らしい身体つきにしてくれます。

 

含まれる成分には、ハニーココWと同じく「プエラリア・ミリフィカ」、「大豆イソフラボン」があります。違いは、3大ダイエット成分と言われるものが配合されていることです。

 

まず、「コレウスフォルスコリ」から紹介していきましょう。これは植物の一種ですね。体脂肪の燃焼をサポートしてくれるため、無理な運動をしなくても効果が期待できます。他にも高血圧の予防や、ぜんそく予防にも効果があります。

 

「L−カルニチン」はアミノ酸の一種です。体脂肪をエネルギーに変える働きがあるので、運動をしながら摂取することによって相乗効果が得られます。より効果的に摂取したいのであれば、運動する前に食べることで体脂肪が燃焼しやすくなります。

 

そして最後の3大ダイエット成分である、「メリロートエキス」ですね。これはマメ科の植物から取れます。むくみで身体全体が膨張しているような感覚がある方にオススメで、水分や老廃物を体外へ出してくれる効果があります。むくみの原因を排除できるほか、血流を良くしてくれるため冷え症の方にも向いています。

 

これらがハニーココそれぞれに含まれる成分ですね。1つ1つがどんな症状に効果があるのかを把握し、どちらがより自分に合っているかを分析してみましょう。この際だから、薬の飲み合わせを気にせず一気に健康的な身体になりたいという方にも良いと思います。

ハニーココ
ハニーココ

ハニーココ